公益法人

1/4ページ
  • 2020.12.03

協賛金の会計処理と税務処理

協賛金という名目で金銭の授受が行われた場合の処理をご紹介します。 まず、協賛金は、その趣旨により2つのケースに分かれます。 ①会社名等を掲示してもらうなど広告宣伝の要素があるもの ②反対給付のないもの […]

  • 2020.06.30

会報に載せる広告料の取扱い

会報等に広告を載せることは多いと思いますが、その会報等の発行自体が収益事業に該当しないものであれば、広告料も収益事業とはなりません。 ただし、会報等の発行が収益事業である出版業に該当する場合には、広告 […]

  • 2020.03.30

租税特別措置法40条

個人が土地建物などの資産を法人等に寄附した場合、所得税法上、原則として時価で譲渡したものとして個人に譲渡所得税が課されます。(所法59)しかし、国又は地方公共団体に対する財産の贈与又は遺贈及び公益法人 […]

  • 2020.03.30

収益事業の範囲~出版業とは~

出版業とは、書籍や雑誌等の制作、販売をする事業をいいます。     代価に代えて会費を徴収する場合(会報以外) 出版物を無償で不特定多数の者に配布する場合には、原則として収益事業に […]

  • 2020.02.06

公益目的事業とは

公益法人制度改革関連3法が施行されて久しいですが、 改めて、「公益目的事業」とは何かご存じでしょうか? 移行が完全に終わった今、そういった知識は必要ないとお考えの方もいらっしゃるかもしれませんが、 公 […]

  • 2020.02.06

継続して営まれる事業の意義

収益事業に該当する要件として、「継続して行われる」というものがあります。 従って、単発的な事業は、原則として収益事業には該当しないこととなりますが、 以下のような場合には、「継続して行われている」行為 […]

  • 2020.02.06

人格のない社団等に対する法人課税

法人税法上、人格のない社団等とは、法人でない社団又は財団で代表者又は管理人の定めがあるものを いいます。 人格のない社団等は、文字通り法人格はありませんが、法人税法上は法人とみなして、法人税が課され […]

1 4
PAGE TOP