学校法人

  • 2020.02.06

退職金の会計処理

退職金を支出した場合、資金収支計算書では、教員と職員とは分けず、まとめて「退職金支出」として表示しますが、 人件費支出内訳表においては、退職金支出のうちに、教員と職員の細分科目を設けて記載します。 ま […]

  • 2020.02.06

教育研究経費と管理経費の区分

学校法人会計について、頭を悩まされるものの一つとして、 「教育研究経費と管理経費の区分」があります。 これについて、文部科学省のHPでは次のように記載があります。 『次の各項に該当することが明らかな経 […]

  • 2020.02.06

学校法人の決算の流れ

学校法人では、計算書類の作成が終了してから、所轄庁へ届け出るまで、以下の流れで進んでいきます。 ①監事による監査 ②理事会での承認 ③評議員会への報告 ④公認会計士又は監査法人による監査 これは、私学 […]

  • 2020.02.06

【人件費】本務と兼務・教員と職員

学校法人会計の人件費は、企業会計のそれより、かなり詳細な表示が求められます。 悩まされる代表的なものとして、本務と兼務・教員と職員の表示があります。 本務と兼務の区分は原則として、学校法人の正規の教職 […]

  • 2020.02.06

学校法人会計と企業会計の違い

学校法人と一般企業はまず、その活動目的が大きく異なります。 一般企業が営利活動を目的としているのに対して、学校法人は教育研究活動を目的としています。 このため、係る会計もその目的が異なります。 企業会 […]

  • 2020.02.06

学生を対象とした校内の売店

事実上学生のみが利用する校内の売店での販売行為は物品販売業に該当するのでしょうか? 結論としては、教材として使用する参考書以外のものは物品販売業に該当します。 販売の対象が特定の者に限定されているかど […]

PAGE TOP