租税回避行為と脱税と節税

租税回避行為と脱税と節税

租税回避行為という言葉を耳にしたことがあると思いますが、脱税や節税とはどのように違う

のでしょうか。以下にそのご説明をします。

租税回避行為の法律上の定義はありませんが、一般的には、

「租税法規が予定していない異常ないし変則的な法形式を用いて税負担の減少を図る行為」というのが、

その意義と考えられています。すなわち、租税回避行為とは、

「課税要件の充足を避けることによって課税の発生を未然に防ぐ行為」であると言えます。

これに対し、脱税というのは課税要件の充足の事実を全部または一部秘匿する行為であり、

節税というのは租税法規が予定しているところに従って税負担の減少を図る行為であります。

税負担の軽減を図るという目的は同じですが、脱税はその手段が違法であるのに対し、租税回避行為及び節税

は適法です。ただし、節税が通常の法形式を用いているのに対し、租税回避行為は異常な法形式を用いている点で

両者は異なっていると言えます。すわなち、節税が合法的、且つ、一般的な範囲においおて税負担を軽減するための

行為であり、いわば「税の過払い」を防ぐことを目的としているのに対し、租税回避行為では、租税法規の

想定を超える、一般的ではない方法によって課税額を減少させようとする点で異なっていると言えるでしょう。

税務カテゴリの最新記事

PAGE TOP