クリニックの人間関係/クリニック経営

クリニックの人間関係/クリニック経営

長く税理士をやっていると税務会計以外の問題にぶつかります。
正解の無い経営判断の助言としてそのとき先生にお伝えした事をまとめました。

1.職員10人くらいまでのクリニックの人間関係は独特です。
大きな会社のように毎年新入社員が入り定年や結婚出産などで退職する人がいて新陳代謝があるわけではありません。
長く勤めている人がいて欠員が出た場合だけ補充が行われます。
役職を与えたわけではなくとも長い人がいつの間にか力を持ってきます。
医師の先生方からは信頼され、後輩のスタッフからは尊敬されます。
その方がご自分の立場を理解していれば互いに尊重しあい、信頼しあいすばらしい職場になります。
しかし、自分の居心地のよさのみを追及し、これを守ろうとし始めると職場は崩壊の危機を迎えます。
自分のみ尊重される事を望むため、他のスタッフの台頭を嫌います。
このため優秀な新入社員に対してはきつく当り退職するように誘導します。
自分だけが仕事を知っている重要な立場でいるため他の人に仕事を教えません。
先生方には自分が退職したらクリニックは運営できませんよと暗に言ってきます。
先生とスタッフの間に入り、先生方に対してもスタッフに対しても情報を操作し自分に都合がよい話をします。
そのため先生と他のスタッフが直接話をしないように仕向けます。
先生はそもそもこういった方を信頼しているので裏で起きていることになかなか気づきません。

 

このコンテンツは、サイトの登録ユーザーに制限されています。 既存のユーザーの場合は、ログインしてください。 未登録の場合は、新規に登録してください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目
Powered by WP-Members

医療カテゴリの最新記事